乾燥肌の保湿ケアには、たくさんのメーカーからラインナップされている化粧水やクリームなどを使うことができます。コスメメーカーからラインナップされているものもあれば製薬メーカーからラインナップされているものもありますし、ネットショップのみで買えるものからドラッグストアで購入できるものまで幅広く揃っています。基本的にはどのメーカーのどんな商品でも自分の肌と相性が良ければ乾燥肌を効率的に保湿することができるので、まずはいろいろ試して見ながら自分の顔と相性が良いものを選びましょう。

 

どの商品が良いか分からなくなった場合には、医薬部外品を選んでみるというのも一つの方法です。医薬部外品というのは、医師が処方箋を書いて購入する薬ほど強い作用はなくても、医薬品として使われる成分がはいっていて薬効レベルの高い効果が期待出来る保湿アイテムのことです。例えば、乾燥肌による炎症を抑える抗炎症成分がはいっていたり、バリア機能を改善する作用がある成分が高濃度に配合されているなど、乾燥肌の人にとっては短期間で大きな肌質改善効果が期待できるのが医薬部外品の大きな魅力と言えます。

 

乾燥肌になると、バリア機能が低下しているためにわずかな化粧品やスキンケアの成分が肌にとっては大きな刺激となり、トラブルが起こりやすくなってしまいます。そのため、化粧水やクリームなどを選ぶ際には、いきなり現品購入するのではなく、最初はトライアルサイズから試してみて、肌につけてトラブルを起こさないことを確認した上で現品購入したいものです。いきなり現品購入して肌がトラブルを起こしてしまうともったいないですから、かならずトライアルサイズやサンプルから試してみるのが鉄則です。

 

また、乾燥肌の保湿ケアでは、選ぶスキンケアアイテムにはバリア機能を改善できる成分が配合されているものを選びましょう。保湿効果が高い成分にはいろいろなものがありますが、バリア機能を改善できる作用を持つ成分ならセラミドがおすすめです。セラミドはもともと人間の体内に持っている成分なのでトラブルを起こす心配はありません。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!