乾燥肌が進行すると、肌のバリア機能が低下してかゆみやブツブツ、白く粉を拭くなどの症状が現れるようになります。この段階で間違ったスキンケアを続けてしまったり、適切な保湿ケアを行わずに肌質がもっと悪くなってしまうと、乾燥肌が進行して敏感肌となり、やがてはアトピー肌にもなってしまいます。

 

まず、乾燥肌によるかゆみが出た場合、これは肌からのSOSサインと理解しましょう。かゆいからと言ってボリボリ掻いてしまうと、その部分の肌に傷がつき、雑菌が侵入して更なるトラブルを引き起こしてしまいます。乾燥肌によるかゆみが出ても、できるだけかかないことが必要です。

 

しかし、かゆみを半永久的に我慢するのはナンセンスですよね。乾燥肌によるかゆみは、肌の乾燥によってひきおこされている症状なので、根本的な問題を解決することによってかゆみという症状もスッキリと改善することができます。乾燥肌のケアにはいろいろな方法がありますが、かゆみが出ている時にはかゆみ止め成分も入っている保湿クリームを使う方法が良いでしょう。

 

スキンケアブランドからラインナップされている保湿クリームはたくさんありますが、これらはかゆみ止め成分がはいっていないので、肌質を改善する効果は期待できてもかゆみを改善してはくれません。かゆみ止め成分がはいった保湿クリームなら、製薬会社からラインナップされているような医薬部外品を使うのがおすすめです。例えば、興和からラインナップされているケラチナミンには、尿度が20%と高濃度に入っていて、短期間で乾燥肌を改善することができる保湿クリームです。かゆみ止め成分も入っているので、痒くて仕方ない乾燥肌にピッタリの商品です。

 

その他には、田辺三菱製薬からラインナップされているメディスキンコートや、ホーユーからラインナップされているデュアヴェールCなども効果的です。かゆくて仕方ない時にこうした製薬系クリームを使うと、かゆみをしっかり押さえられるのに加えて、肌もしっかり保湿してくれるので、肌質改善効果も期待できます。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!