肌質によって、乾燥しやすい肌の人もいれば、それほど乾燥しないという肌質の人もいます。乾燥しやすい肌質の人は、部分的ではなく全身が乾燥肌になっていることが多く、気づかないうちにどんどん乾燥肌が進行してバリア機能が低下していることも考えられます。

 

乾燥肌は、進行するとかゆみや赤み、白く粉吹きなどの症状が現れますが、これらは全て敏感肌への移行による症状と考えられます。肌の表面はバリア機能で守られていますが、肌が乾燥してバリア機能が低下してしまうと、外からの刺激に肌がアレルギー反応を起こしてしまいます。かゆみや赤み、ブツブツなどはこうしたアレルギー反応なのです。

 

乾燥肌をストップするためには、全身をたっぷり保湿してあげるケアを日常的に行うのが効果的です。特に乾燥肌の人は肌がもともと乾燥しやすくなっていますから、お風呂上りには全身に保湿を行って、肌の乾燥を食い止めてあげることが必要です。お風呂上りは誰でも肌が乾燥しやすくなっているのに加えて、保湿ケアをすれば成分が肌に吸収されやすい状態になっているので、このタイミングで保湿ケアをしてあげるのが良いでしょう。

 

全身の保湿にどんなアイテムが良いかは使用感によって好き嫌いがありますが、乳液タイプやローションタイプ、クリームタイプなどが一般的ですね。クリームタイプはベタベタすることもあるので、さっぱりした使用感のものを選ぶのも良いでしょう。常に外の空気に触れていることが多い手足は特に乾燥しやすくなっているので、保湿もたっぷり行い、寝る時には保湿クリームを塗った上に手袋をして寝たり、靴下を履いて寝るなどの工夫もおすすめです。ひどい乾燥であかぎれやひび割れを起こしている場合には、ワセリンなどかゆみ止め効果は少なくても保湿効果が高いものを選ぶようにしましょう。肌を保湿すればかゆみが起こりにくくなりますし、原因ごと解決することができます。

 

乾燥肌用のかゆみ止めには、抗ヒスタミンなどのかゆみを抑える成分が配合されているアイテムを使うのも良いですし、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿効果が高い成分の入ったスキンケアで保湿してあげるのも効果的です。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!