顔の乾燥は、誰でも意外と気づきやすいものです。まず、洗顔した後何もつけずに放置してみてください。5分、10分ぐらいで顔がつっぱってきたら、それは乾燥肌ということです。普段のスキンケアは乾燥肌用のものを使って肌質改善を目指したお手入れが必要です。若い人の中には、肌が乾燥しているにもかかわらず、小鼻のあたりが脂っぽくなるからと言って自分はオイリー肌だと勘違いしている人がとても多いものです。皮脂分泌が活発になる要因にはいろいろなものがあり、オイリー肌も一つですし、肌が乾燥することによっても皮脂分泌は過剰になってしまうものです。乾燥肌なのにオイリー肌用のスキンケアをしていれば、それは間違ったスキンケアになってしまうわけで、乾燥肌がどんどん悪化してしまうことも考えられます。

 

乾燥肌の保湿ケアは、とにかく保湿を心がけるのが大切です。保湿成分にはヒアルロン酸やセラミドなどたくさんの成分がありますが、乾燥肌でかゆみやぼつぼつなどのアレルギー症状が起こっている人の場合にはバリア機能がかなり低下していることが考えられるので、セラミド配合のものを選んでみると良いでしょう。洗顔直後にセラミド配合の化粧水をたっぷり肌につけて、何回か重ねづけして肌の内側まで有効成分を浸透させてあげるのがおすすめです。シートパックなどで保湿するのも効果が期待できます。

 

顔の保湿ケアは、肌がすでに持っている水分をこれ以上蒸発させないように気をつけることも効果的です。例えば、ニキビがそれほどできにくい人なら、洗顔剤を使った洗顔は止めて、水洗顔にするだけでも肌質を改善することができます。ニキビができやすい人だと、水洗顔だけでは皮脂が毛穴に残ってしまってニキビが悪化しやすくなってしまうのでNGなのですが、ニキビ肌でなければこの方法もぜひ試してみてください。

 

顔の保湿ケアに使用するスキンケア商品は、できるだけ添加物などが入っていない無添加タイプをおすすめします。バリア機能が低下していると肌はトラブルを起こしやすくなっているので、添加物はできるだけ避けたほうが賢明ですね。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!