乾燥肌には、部分的に乾燥する人もいれば、全身が乾燥する人もいます。全身が乾燥していると、ちょっとした生活習慣でも体のあちこちがかゆくなってしまったり、うっかりすると白く粉をふいたり赤くなったり、痒くなったり不快な症状が出たりします。全身が乾燥している場合には、乾燥肌の保湿ケアは部分的ではなく全身に行うことが必要となりますから、ケチらずにたっぷり全身に使える保湿アイテムを選ぶことがとても大切になります。どんなに優秀な保湿成分が配合されたアイテムでも、高くて少量しか使えないのでは、全身の保湿ケアには適していませんよね。たっぷり使えるものを選んだほうが、ストレスを抱えずに思い切り保湿ケアができます。

 

また、普段の生活では、できるだけ肌が乾燥しないように心がけることも必要です。例えば、普段何気なく日差しを浴びている人は注意が必要なのですが、紫外線を浴びることによって肌は確実に乾燥してしまいます。手足や顔の乾燥がひどいという場合には、紫外線による影響が考えられるので、外出の際には必ず日焼け止めを塗って対応したり、手を洗った直後には濡れた手にハンドクリームをたっぷり塗って乾燥を予防するなどの対策が必要となります。

 

お風呂の入り方にも工夫が必要です。乾燥肌でも湯船につかることは疲れが取れたり汚れがしっかり取れるのでおすすめなのですが、湯船につかる時間が長ければ長いほど、肌が乾燥してしまいます。そこで、保湿効果が高い入浴剤を使い、湯船に入っている時にも肌を保湿できる工夫をしてみると良いでしょう。保湿成分が入った入浴剤はネットショップやドラッグストアで販売されているので、いろいろ試して相性が良いものを選んでみてくださいね。

 

その他、お風呂上りに保湿ローションや保湿クリームを塗るという方法も効果的です。お風呂上りの体がまだ湿っている時に、さっと保湿アイテムを塗ってあげるのがポイントですが、専門家の中には、タオルドライをせずに濡れている状態の体に塗ったほうが高い保湿効果があるという人もいます。試してみてください。

 

ローションも含まれたフラバンジェノール(R)配合の「7日間集中ケアセット」がお得です!