乾燥肌が進行すると、肌がかゆくなったりヒリヒリしたり、赤くなったりブツブツができたり、様々な不快な症状が起こってしまいます。これは、乾燥肌が進行することによってバリア機能が低下してしまい、敏感肌へ移行しているということ。そのまま放置しても不快なかゆみが収まることはなく、かえってどんどんかゆみがひどくなったり、痒い範囲が広がったりしてしまいます。

 

乾燥肌によるかゆみは、肌のバリア機能の低下によって引き起こされているかゆみなので、先ずはバリア機能を正常な状態へと改善できる成分がはいったかゆみ止めを使うのがおすすめです。肌の乾燥を改善するにはヒアルロン酸やセラミドなどの成分が有効ですが、その中でもセラミドは肌細胞間の隙間に入り込んで水分で満たしてくれる成分なので、バリア機能が低下している人にはおすすめの成分として知られています。かゆみ止めを選ぶ際には、セラミドが入ったものを選ぶと良いでしょう。

 

乾燥肌の場合、空気に触れたり服などの刺激によってもかゆくなってしまいますし、お風呂上りなど肌が乾燥しやすい時にはかゆみも起こりやすくなってしまうものです。肌を保湿して乾燥を抑えるためには、お風呂上り直後にかゆみ止めや保湿クリームを使ってあげることが大切です。お風呂上りには何かとモタモタして時間が過ぎてしまいやすいのですが、お風呂上り5分以内に保湿クリームを体に塗って、バリア機能を改善するケアをしてくださいね。

 

かゆみ止めは、ドラッグストアで購入することもできますし、皮膚科を受診して処方してもらうこともできます。かゆみ止めと言ってもいろいろなものがあり、虫刺されのようなかゆみ止めもあれば、じんましんをとめるものなどもあります。抗ヒスタミン系はかゆみを抑える成分がはいっているので長期間使っていてもそれほど副作用が心配ではありませんが、かゆみ止めの中にはステロイドが入ったものもあり、それは長期間使ってしまうとその部分が白くなったり黒くなったりしてマイナスの影響が出てしまうので注意してください。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!