乾燥肌が進行すると、誰でも肌がかゆくなったり赤くなったり、ブツブツができるなどの症状が起こりますが、それは子供でも同じです。子供の場合、肌が乾燥してかゆくなると、ボリボリ掻いてしまうことが多いですよね。肌を引っ掻くことによってそこから雑菌が入り込むと、肌が炎症を起こしたり、スキンケアをつけてもシミて痛いなんてことにもなりかねません。それに、乾燥肌がどんどん進行してしまうとアトピーにもなりかねませんから、できるだけひどくならないうちに改善してあげたいものです。

 

子供のかゆみ止めとしておすすめなのは、子供用に開発された子供ムヒソフトなどが良いでしょう。子供の肌は大人よりもずっと敏感で繊細なので、できるだけ肌に負担をかけないかゆみ止めを使うことが大切です。子供ムヒソフトなら、赤ちゃんの乾燥肌にも使うことができるほどマイルドなので安心です。

 

子供用かゆみ止めを効果的に使うためには、使うタイミングもしっかり考えるのがおすすめ。かゆい時に塗っても良いですが、肌を保湿する習慣をつければ乾燥肌が改善されて正常肌へと近づくことができるので、かゆみが起こりにくくなります。そのためには、お風呂上りで肌が乾燥しやすい時にかゆみ止めを塗ってあげると良いでしょう。肌が乾燥するからと言ってお風呂に入らないのは不潔になってしまうのでNGですが、お風呂上りに肌が乾燥しやすくなっている状態の時に、さっとかゆみ止めを塗ってあげると、肌が保湿されて乾燥が収まります。目安としては、お風呂上り5分以内に塗るのがポイントです。カワイイアンパンマンのパッケージになっているので、小さなお子さんでもかゆみ止めを塗るのが楽しい時間になりそうですね。

 

子供の肌は大人と比べると水分量が多いので、かゆみ止めを塗る習慣をつければ大人よりも短期間に乾燥肌が軽減できることが多いようです。肌を乾燥させないように普段から保湿を心がけると同時に、洗顔剤やボディウォッシュを見直してマイルドなものにしたり、お風呂上りには全身に保湿ケアをする習慣をつけることでも症状を改善することができます。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!