一日中靴を履いていると足が蒸れるというサラリーマンやOLはとても多く、そうしたイメージが定着しているせいか、足が乾燥すると言ってもピンとこない人はとても多いものです。しかし、足は普段の生活で良く動かす部分なので、実際にはとても乾燥しやすい状態になっています。特に、かかとの部分は乾燥しても放置してしまう人が多く、ひどくなるとあかぎれやひび割れなどが起こって出血したり、痛くて歩けなくなってしまうことも起こるかもしれません。足の乾燥は、ひどくなってからお手入れすることを考えるよりも、ひどくなる前に普段からたっぷり保湿してあげることを心がけたほうが良いかもしれませんね。

 

足の保湿でおすすめなのは、ワセリンです。ワセリンは肌の表面に油の膜を張ることによって、毛穴から分泌された汗が蒸発せずに肌を潤してくれるという作用がありますが、ひどいあかぎれやひび割れも数回の使用で完全に感知できるほど大きな保湿力がある乾燥肌用ケアアイテムです。ワセリンにはかゆみ止め成分は入っていないので、痒い肌を治すことはできませんが、乾燥が原因のかゆみが起こっている場合には、ワセリンで保湿ケアをして肌質を改善することによって、かゆみが起こりにくい肌質を手に入れることができます。

 

足の乾燥が進行すると、ほかの部分と同じようにかゆみが起こりやすくなります。足という部位なので、まさか周囲に人がいるところでボリボリとかきむしるわけにもいきませんし、足がかゆいと他の皮膚疾患なのではと疑われたりするので、痒くても一日中我慢してしまう人も多いのではないでしょうか。足のかゆみには、かゆみ止め成分がはいったケラチナミンなどが効果的ですが、乳液タイプになっている医薬部外品なので、靴下と靴の内側だと少し蒸れ感が出てしまうかもしれません。使用するのは、お風呂上りのタイミングなど、肌が湿っていて乾燥しやすく、保湿成分をグングン吸収してくれるタイミングを狙うのがおすすめです。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!