肌が乾燥すると、バリア機能が低下して外からの刺激に対して肌がアレルギー反応を起こしやすくなってしまいます。その症状には、かゆみや赤み、ブツブツなど様々なものがありますが、肌がかゆいからと言ってボリボリ掻いてしまうと、そこから雑菌などが侵入してトラブルがさらに悪化してしまうので注意が必要です。慢性的な乾燥肌だったり、空気が乾燥する季節だと、肌がいつも痒いなんてこともありますが、そんな時にはかゆみ止めを塗って痒さを抑えると良いでしょう。

 

乾燥肌の人のためのかゆみ止めを選ぶ際には、どんな成分が入っているかによって選ぶことができます。例えば、今すぐに痒さをなくしたい人なら、抗ヒスタミン剤が入ったものがおススメで、これを塗ればかゆみを解消することができます。また、乾燥肌そのものを改善することによって、痒くなりにくい肌質を作りたいという人なら、肌のバリア機能を強化する働きがあるセラミドが入ったものが良いでしょう。セラミドは、細胞間の隙間を水分で埋めてくれる成分で、バリア機能の低下が原因の肌の乾燥やかゆみを根本的に解消してくれます。

 

肌の内側から新しい細胞を作ってくれるビタミンEは、あかぎれや罅割れなど、肌が極度に乾燥している人にオススメです。かゆみ止めというよりは肌の乾燥を改善する作用がある成分なので、乾燥が気になる人にとってはおすすめですね。その他、肌の乾燥が進行すると、表面部分の角質が硬くなってしまいますが、それを柔らかくしてくれる尿素が入っているものや、白く粉をふきがちな肌におすすめのへバリン類似物質などが配合されているものも良いでしょう。

 

これらの乾燥肌向けアイテムは、ドラッグストアなどでも販売されていますが、気を付けたいことがあります。それは、虫刺されやかぶれを治すためのかゆみ止め商品と、乾燥肌に対するかゆみ止め商品とでは、同じ「かゆみをとめる」という効果でも配合成分や肌に対する影響などが異なります。どうしても強烈に痒い時には、抗ヒスタミンがたっぷり入ったかゆみ止めを使っても良いですけれど、普段のお手入れでは乾燥肌を改善できるスキンケアを心がけることも必要です。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!