乾燥肌が進行すると、肌が白く粉をふいてしまったり、痒くなったり、様々な不快な症状が起こってしまいます。また、肌がかゆくなったりして無意識のうちにポリポリ書いてしまうこともあるかもしれません。こうした不快な症状は、すべて肌が乾燥することでバリア機能が低下し、それが原因で起こるので、症状をストップするためには乾燥肌を保湿する等、根本的な部分から解消しなければいけません。

 

どうしても痒くてたまらない時には、抗ヒスタミンが配合されているかゆみ止めクリームを使う方法がありますが、乾燥肌だからと言って日常的に使うのはNGです。乾燥肌を保湿する効果があるローションなどを使って、日常的に肌に水分補給をしてあげることを意識すると良いでしょう。

 

乾燥肌にオススメの保湿成分にはいくつかあります。まず、バリア機能を改善する効果が高いことで知られているのは、セラミドですね。もともと肌の中に持っている成分なのでアレルギー反応が起こる心配はありませんし、セラミドは肌細胞間の隙間に入り込んで水分で満たしてくれる作用があるので、バリア機能を強化してトラブルを起こしにくい肌質へと近づくことができます。

 

フラバンジェノールもおすすめです。この成分は高い抗酸化作用を持つアンチエイジング成分として人気がありますが、ヒアルロン酸ととても相性が良い成分で、ヒアルロン酸の保湿作用を促進する効果が期待できます。そのため、フラバンジェノール配合のスキンケア商品の中にはヒアルロン酸も配合されていることが多くなっています。このヒアルロン酸自身、高い保水効果がありますが、この成分は細胞の内側を水分で満たしてくれて、水風船のように膨らませてくれる作用が期待できるのが特徴です。肌がカサカサに乾燥して透明感がない時には、ヒアルロン酸配合のスキンケアを使うことによって肌質が劇的に改善できます。

 

また最近では、かゆみ止めクリームの中に保湿成分が入ったものもありますから、そうしたものを選ぶことも良いかもしれませんね。

 

フラバンジェノール(R)配合の「7日間集中ケアセット」がお得です!