子どもの乾燥肌対策として、かゆみ止めを使うことに抵抗がある人は少なくありません。乾燥肌が原因のかゆみは、かなり強烈な場合も多いですし、かゆみ止めを使えば一時的に痒さをとめることはできても、常用しても大丈夫なのか?と不安を抱えてしまいます。こどもの乾燥肌対策としては、どうしても我慢できないかゆみの時には、医薬品のかゆみ止めを使うという方法が良いのですが、普段の日常生活では、できるだけかゆみ止めを使わなくても肌質が改善してかゆくない肌に近づけるような工夫が必要となります。

 

子どもの乾燥肌対策の方法ですが、まず最初に見直してみたいのは、入浴法ですね。お風呂に遣ることによって、毛穴の汚れがスッキリ洗い流せますし、疲れやストレスも解消できるのでプラスの効果は大きいのですが、肌の乾燥という点では実はマイナスとなってしまいます。それに、ボディシャンプーなどの洗浄成分は肌に必要な角質までそぎ落としてしまうので、肌はどうしても乾燥してしまいます。そのため、ボディシャンプーを選ぶ際には、できるだけ洗浄成分がマイルドで肌を乾燥させないものを選んだり、入浴剤も保湿成分が入ったものを選ぶのが良いでしょう。

 

お風呂上りの保湿ケアもとても大切です。こどもはあまり保湿ケアになれていないので嫌がることが多いのですが、だからと言って何もしないのでは、肌が乾燥してかゆくなってしまいます。保湿ケアは、肌がまだシットリしているうちに行うのがポイントなので、できればお風呂上りにサッとタオルドライをしてその場でローションなどをつけてあげるようにしましょう。お風呂から出てしばらくすると、肌は乾いてしまいます。そうすると、肌表面の角質が硬く閉じてしまい、保湿ローション成分が浸透しにくくなってしまうので、効果が半減してしまうのです。肌が濡れている状態なら、保湿ローションの有効成分がスッと内側に浸透しますから、高い保湿効果が期待できるというわけですね。

 

子供のかゆみ止めとしてロングセラー商品となっているムヒソフトの詳細はこちら

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!