乾燥肌にはいろいろな原因があります。

 

・間違ったスキンケア 「間違った」というと語弊がありますが、保湿を心がけないスキンケアを続けていると、肌は少しずつ乾燥してしまいます。たとえば、熱いお湯で洗顔するのが好きだったり、べたつくからと洗顔後には化粧水を軽くつけてスキンケアは終了していたりすると、遅かれ早かれ乾燥肌が進行してしまいます。

 

・紫外線
紫外線は肌にシミやしわを作る原因になるだけではありません。紫外線によって肌の表面にある角質層が乾燥しています。イメージ的には、濡れた洗濯物を太陽の下で干すと、さっとスピーディに乾くというイメージですね。日焼け止めを塗るなどして紫外線を予防していれば、アウトドアが好きな人でも紫外線による肌の乾燥を防ぐことができます。

 

・老化現象
年齢によって肌のターンオーバーが少しずつスローダウンしていくと、肌の表面にある細胞たちは、必要な栄養素や水分を補給しにくくなってしまいます。また、それによって古い角質がいつまでも肌の表面に残ってしまうために、乾燥してゴワゴワした肌になりやすくなってしまうわけです。

 

・湿度
エアコンや暖房が効いた快適な室内空間は、生活するには快適ですが、肌にとっては百害あって一利なし。エアコンや暖房などは湿気を取って湿度がかなり低くなっているので、そこで長時間生活していると肌細胞の水分がどんどん蒸発してしまいます。こうした生活環境の中にいる時間が長い人は、こまめな保湿ケアをすることが必要です。

 

・食生活
肌細胞は、必要な栄養素や水分を血液から受け取っています。偏った食生活や十分な水分補給をしていなかったりすると、血液から肌細胞が必要な水分を受け取ることができません。そうすると、体の内側からどんどん乾燥してしまい、肌もカラカラな状態になってしまいます。

 

・生活習慣
ストレス、喫煙、睡眠不足、疲労をため込むなど、いろ生活習慣の中でも乾燥肌の原因となる要素はたくさんあります。肌のターンオーバーを正常におこなうために十分な睡眠を確保し、血液中の酸素を奪ってしまうストレスや喫煙はできるだけ控えるなど、生活習慣を工夫するだけで乾燥肌を改善することもできます。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!