乾燥肌の人は、化粧品を選ぶ際にも乾燥を食い止めてたっぷりと保湿できるものを選びたいですよね。肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまうため、肌の防衛機能によって皮脂分泌が過剰になり、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。肌の乾燥が解消されればそうした肌トラブルも改善されるのですが、ニキビができていることによって自分はオイリー肌と勘違いしてしまう人も少なくありません。しかし、乾燥している肌の人がオイリー肌用化粧品を使うと、肌の乾燥がさらに悪化してしまうので気を付けましょう。

 

お風呂から出て10分間ほど、顔に何もつけないで放置してみてください。顔の肌がつっぱるなら、それは乾燥肌という証拠。オイリーな肌質の人は10分程度では肌はつっぱりません。

 

乾燥肌の人が化粧品を選ぶ際には、さっぱりタイプよりもしっとりタイプを選んだほうが高い保湿効果を得ることができます。しかし、乾燥肌で肌トラブルが起きている場合には、しっとりタイプによって肌トラブルが悪化してしまうこともありますから、その場合には、ニキビ肌用化粧品のしっとりタイプを選ぶなど、選び方を工夫するとよいでしょう。

 

乾燥肌の場合には、化粧水は時間をかけて何回も重ねづけをするのがおすすめです。コットンで化粧水をつけている人は、もしかしたらコットンによる刺激によって肌がダメージをうけているかもしれませんから、手のひらを使って化粧水をつけるのもよいでしょう。手が乾燥していると、化粧水が手に吸収されることもありますが、重ねづけをすれば、そうした不安も解消できます。化粧水でたっぷり保湿をしたら、かならず乳液で蓋をしてあげること。乳液を省略すると、せっかく化粧水で与えた水分がすべて蒸発してしまうので気を付けてくださいね。

 

白く粉を吹いている肌や、皮がむけている肌をカバーするには、パウダータイプの化粧品よりもリキッドタイプやクリームタイプの化粧品を選ぶとよいみたいです。ファンデーションなどメイクを終えたら、最終的にミスト状の化粧水を吹きかけてあげるのも、肌の乾燥防止とメイク崩れ防止の効果があります。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!