乾燥肌の人は、体の外側からスキンケアなどで保湿をすることも大切ですが、毎日の食生活を少し見直すことで、乾燥をケアすることも可能です。食事だけで極度の乾燥肌を完全にケアできるというわけではありませんが、毎日の食生活を改善することで、乾燥しにくい肌細胞を作ることができるようになります。

 

乾燥肌を改善できる栄養素には、ビタミンCやベータカロチン、ビタミンEなどのビタミン類があります。ビタミン類は緑黄色野菜を積極的に食べていれば十分に摂取できますが、食生活が偏っている人や外食が多い人などは、サプリメントを利用して摂取するのもおすすめです。ちなみに、ビタミンCを豊富に含む食品には、フルーツの中でもかんきつ類、レタスやキャベツなどがあります。ビタミンEが豊富なのは豆類。豆をそのまま食べてもよいですが、納豆や豆腐などを熱を加えずに食べれば、ビタミンだけでなく酵素もたっぷりと接種できるので代謝機能もアップしてくれます。

 

ベータカロチンは野菜ジュースで補給している人も多い栄養素です。ベータカロチンが豊富なのは、ブロッコリーやニンジン、いんげんなどの緑黄色野菜だけでなく、ひじきやノリなどの海藻類もおすすめです。

 

ここで気を付けたいのは、乾燥しやすい季節には、こできるだけ体を冷やさないような方法でこれらの栄養素を摂取することが大切ということ。たとえば、栄養素を壊さないように生野菜をそのまま食べたのでは、逆に血行が悪くなって肌細胞に栄養素も水分も行き渡りにくくなってしまいます。スープやシチューなどの汁物の中にこうした食材を使えば、栄養素が熱で流れ出てもスープとしてきちんと体内に摂取することができるだけでなく、体も温まるという相乗効果が期待できますね。

 

発汗効果のある辛い食べ物もおすすめです。唐辛子、コショウ、カレーなど、食べるとカーッと体が熱くなって汗が噴き出すような食べ物を積極的に食べるのも、乾燥肌を改善する効果につながりそうですね。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!