もともと乾燥しやすい肌質でなくても乾燥肌になりやすい冬には、肌の乾燥による肌トラブルも一気に急増してしまいます。なぜ冬に乾燥肌による肌トラブルが増えるのかは、肌の発汗機能と大きな関係があります。人間の体は、特に暑いわけでなくても、それなりの発汗量があります。汗をかく季節には、目に見えるほどの発汗量になりますが、そこまで汗をかいていなくても、私たちの毛穴からは絶えず汗が生成されています。この汗は、肌の表面を覆って肌細胞の水分を蒸発させないように保湿の役割をしていたり、肌を外部の刺激から守る防衛機能などもつかさどっています。

 

しかし、気温が低くほとんど汗をかかないどころか、体が冷え切って血行さえも悪くなってしまう冬には、発汗量もぐっと低下してしまうため、肌表面の保湿を担っている機能や、外部からの刺激から肌を守ってくれる機能も低下してしまうことになります。 それだけではありません。寒い季節でも容赦なくボディソープで体を洗って肌の表面の汗を取り除いてしまったり、熱い湯船につかって肌表面の皮脂を根こそぎ取り去ってしまったりする生活習慣によって、乾燥しやすい環境にある肌が、どんどん乾燥肌になってしまうわけです。

 

冬の乾燥肌を予防するためには、肌表面の皮脂を取り除かないような生活をすることが良いのですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。そのため、冬の乾燥肌対策で大切なのは、肌の皮脂を取り除いてしまった場合には、必ず直後に保湿ケアをしてあげることが必要となります。

 

乾燥しやすい肌は、顔だけではなく体も同じですし、手足も同じです。もともと乾燥しやすい季節では、ちょっとした水洗いをしただけでも指に湿疹ができてしまうことも少なくありませんし、体がかゆくて仕方ないという症状を訴える人も少なくありません。これらの症状はすべて、肌の乾燥が原因なので、保湿ケアをこまめに行っていれば少しずつ症状も改善されていくようです。

 

アマゾンで人気の乾燥肌予防対策商品を見る!

 

乾燥肌対策 当サイト人気ランキングを見る!